« ・・・だぜ | トップページ | 降っているのは雪ではなくて »

2012年2月27日 (月)

雫!俺だ!デートしてくれ!~シークレットプリンセス実践記~

デートタイムはシープリの専売特許だっちゅーに。

2月26日
秋葉原でエロゲを買ったついでに、ドンキ下の店でシープリ。
6の付く日的なイベントやってたのかな、かなり混んでたんだけど。
シープリがいつもの場所になかったんで撤去されたかなーと思ったんだけど、場所が変わってただけで一安心。
14時半くらいに入店して、空き台。ボーナス回数は30回ちょっと。

ハートリプ1回でBIGのカウンタが1回上がるんだけど。
高設定でも1日でせいぜい110回くらいなので、現状のこの数字なら上出来なんじゃね?
ということで座って少しだけ打つことにした。

すると投資1K、っていうか3G目。特訓が揃い1G演出がドラ猫。
いくつかある1G演出で、ドラ猫ってぶっちぎりで期待度高いんですよね。
って、失敗してら(汗)

まぁBETで復活しましたけど。
ドラ猫の復活パターンなんて久しぶりに見たな。

というわけで座って5回転でデートタイム突入っすよ。

チョイスしたのは雫。
あわよくば、スペリプがレバオンで確定する演出を見たいなーと思いつつ。

20120227_02

そこから少し回してハートリプレイから夜デートへ。
で、最終の演出がお祭りに行こうよ。あれ、ストック取ったのか。
ついでにキスチャンスもしっかり成功してハートも1個溜まった。
次々回までのARTが確定っすね。
 

 

 

1G演出成功で獲得できるストックは1個固定なので、夜デート突入のハートリプレイ成立で2個以上が取れた模様。
ってことを考えると、座った時点で高確にいた可能性が高いな、と。

都内は換金の最少単位が75枚なので、せいぜい250枚ラインで調整かなーと思ったんだけど。
なんかお祭りと遊園地に行くデートが続くんだよね。
随所でベルは引いてたんで、モードは高いところにいたのかもしれないけど。
どうにも高設定の香りがするんだわ。

20120227_03

12枚役の落ちも良くて、そこそこメダルが増えてくれた。
スペリプは絡まなかったものの、デートタイム10日で915枚と上々の出来。
個人的に好きなミッション404の勝利演出が出なかったのは惜しいところ。
ヘリを刀一本でぶった切る京の勇姿を見たかった。
っと、今回のデート相手は雫だったか。それは失礼。
 

 

さらに転落後の特訓中に再度ハートリプレイを引いてデートタイムを1日追加。
低確っぽいところのハートリプレイだしなぁ。うーん、高設定の匂いがする。

のだけど、長時間打てる状況じゃなかったので即ヤメ終了。
流すと1050枚でした。前日の負債は取り返したじぇ。
ちゃんと高設定を使ってる風があるので、機会があれば朝から狙ってみたいなーと思いつつ。
残された時間ももう長くなさそうだしね。
 

ということで簡単ですがシープリの実践記でした。
何気なく座った台だった割には高設定ぽい挙動してくれましたね。
時間があればゆっくり打ち倒したかったのですが、そういうわけにもいかなかったので泣く泣く撤退となりました。

20120227_01

高設定かなーって思ったら京様に切り替えるんだけどね。
長時間実践じゃないから雫オンリーでした。

こういうセリフとか雫が一番楽しい。

 

 

 

 

それと打ってたら隣のドラゴノーツに座ったお客さん。
おもむろに電卓を取り出して叩いてたんだよね。ソーラー式のやつ。
今どきスロ屋でボーナス確率を電卓で計算する人がいるのか。
「秋葉原」って地域でもレトロなことをする人がいらっさるんだなーって思った。
 

最後に掲題の件。
サクラ大戦3とかToHeart2とかSa○my系がARTをデートタイムって命名してますけどね。
ググってもサクラの記事しか引っかかりませんけどね。
本家デートタイムはシープリですからね、そこんとこお間違いなく。
にほんブログ村 スロットブログへ
↑ついでに押していってくれると管理人が喜びます。

|

« ・・・だぜ | トップページ | 降っているのは雪ではなくて »

シークレットプリンセス」カテゴリの記事

パチスロ」カテゴリの記事

コメント

島にシープリまだあったんですねw

電卓はあの街だからこそという気がします。他の地域より濃い人が多いです。

投稿: ジン | 2012年2月27日 (月) 23時36分

都内でシープリが残ってるのが秋葉原だけなんですよね。

電卓についてはなんというか。
ボーナス回数、一桁だったんですよね。

投稿: にじかな | 2012年2月28日 (火) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・・・だぜ | トップページ | 降っているのは雪ではなくて »