« 今年はひーひー言わせたる ~マジカルハロウィン3実践記~ | トップページ | 短時間勝負で行こう ~萌えスロ実践記~ »

2012年1月12日 (木)

銀の刻のコロナ ぷち攻略

もう少しやり込み要素があると思ってたんだけどなぁ、という印象でした。

第一部には若干ながらルート分岐が存在するものの、攻略要素はなし。
第二部になるともう一本道なので、これまた攻略要素なし、といったところ。
二部は周回する必要がないので、全シナリオを見てしまってもシナリオに影響なし。
サブキャラとのえちぃシーンに持ちこんでも影響ないので、CG回収もついでにやっちゃった方がいいかな。

なので、物語を進める上で避けて通れないバトルについて細かく書こうかなーと。
 

戦闘パートについて

先制、迎撃の順で攻防を行う。最大3対3で行うバトル。
RPGなどでよく言われるHPは結界の耐久力として表示される。
結界が切れると「LP」というポイントが減少し、LPが0になると戦闘から離脱する。
 

まず最初に覚えておくことは、統果は結界を持っていないため、ダメージを受けると直接LPが減るということ。
統果のLP切れ=敗戦となることも多いので、まずは統果の結界を張ることから始める癖を付けよう。
もしくは、ある程度シナリオが進めば攻撃を完全に回避するスキルを覚えるので、それまでは前線に立たせないようにしたい。
(ただし回避スキルを使用するにはMPが必要。また、ブラストされる可能性もあり)
戦闘開始時は複数パーティが同一マスにいるところから始まることがほとんどなので、属性の選択肢も豊富なのも嬉しい。
なお、追加パッチで増えたみやび・刀子・月丘さんの属性はコピーできない。
どうしても忘れてしまう、という人はあらかじめ統果と久美をセットにしとけばいいんじゃね?
普段はキツい言葉をかける久美も、戦闘となればちゃんとかばってくれるので。健気だね。
 

なお、統果の特殊能力は指定したキャラの属性をコピーするものなので、単独パーティで行動している場合どうしてもパーティ内の属性が偏る。
他のパーティと離れて行動すると、戦闘で苦労しがちなので注意。
 

戦闘は防御重視で行ったほうが安全にバトルを進められるかと。
LPが切れると戦闘不能となり、以降は参加できなくなる。
回復役が倒れてしまうと、その後はかなり厳しい戦いになるので守り重視で。
結界の回復、修復ができるキャラは戦闘不能にならないようにしたい。
つまるところ、アナスタシアと明日翔さんは絶対に守ってあげようってことで。
 

自分から攻撃しにいく場合は先制、モンスター側から攻撃される場合を迎撃としている。
味方パーティが攻撃を仕掛けた場合のみ逃走が可能。
ボスに攻撃を仕掛けても逃走が可能なのが、後々何気に効いてくる。
迎撃に回った場合は制限ターン数戦いきらなければならない。
フィールドスキルで先制攻撃が可能であっても逃走は不可。
当然ながら先制のほうが有利なので、モンスターの配置などを少しは考えておくとよい。
 

ダメージ計算
攻撃は基本ダメージと属性、ヒット数を持っている。
ヒット数が少ない攻撃はダメージ量が多く、逆にヒット数が少ない攻撃はダメージ量が少ない。
結界が切れているときに複数ヒットすると、その分だけLPを削れるので、複数ヒットする攻撃は決壊破壊後に活用できる。

防御力という概念はなく、結界の属性耐性でダメージが算出される。
ダメージ倍率のアイコンの意味は以下の通り。
 ◎:ダメージ倍率0.25倍
 ○:ダメージ倍率0.5倍
 =:ダメージ倍率1倍
 △:ダメージ倍率1.5倍
 ×:ダメージ倍率2倍

基本ダメージに上記の倍率をかけた値がダメージになる。
攻撃がはずれることはなく最少でも基本ダメージの1/4は受ける、ということを念頭においておくと良い。

減少した結界は一部のスキルで回復が可能。
バトル中であれば明日翔さんが初期から可能なほか、予約特典ディスクの追加パッチを適用すればコロナも使用可能である。
フィールドスキルの場合は、アナスタシアや明日翔さんがグループ単位での回復。
刻乃さんやみやびーなどは単体の結界を回復することができる。
また結界値が一定値以下になると発動する回復スキルや、結界破壊時にのみ発動する回復スキルなども存在している。
どうしても回復役が足らなくなるので、それらのスキルもうまく使うといい。
MPに余裕があれば、わざとダメージをもらって回復スキルを発動させるという戦術も有効になるかと。
ぶっちゃけると久美の癒結界はとても使い勝手がいい、ということ。
各スキルの発動条件について熟読しておいたほうがいい。

モンスターの攻撃属性は色で分かるので、それに対応できる編成で向かえばOK。
序盤は力押しでどうにかなるが、物語が進めばモンスターが硬くなるので耐性の考慮が必要になる。
味方キャラの耐性が×でも、モンスターのLPが1で一撃で仕留める攻撃を持っていて短期決着が可能なら無視しても問題ない。
中盤以降は結界を複数持ったモンスターが複数混在するようになるので、できれば3匹のうち2種の属性に対応できるパーティ編成をすることが望ましい。
 

ボスについてはステータスからスキルを確認するようにしよう。
複数の攻撃属性を持っている可能性があるので、可能であれば両方に対応できるキャラがいいが、組み合わせ的に難しい場合は、該当属性に△以下が付かないキャラで戦おう。
結界については破るごとに属性が変わるので、防御を固めて突っ込むほうが無難。

結界は破壊されると同時にLPも1減少する。
以降、攻撃を受けるときはLPが減少していくようになる。
結界破壊後のLPはダメージ計算をせずヒット数で減少値が決まる。
LP3のキャラなら、結界破壊後の2ヒット攻撃でダウンしてしまうため、結界維持は必須。
各キャラのLPはたいてい3~4なので、結界が切れてしまうとかなり致命的。
結界破壊を回避するスキルもあるが、MP依存なのであらかじめ注意を払っておくこと。

バトルに勝利すると経験値を取得し、一定値たまればレベルアップする。
レベルアップ時に結界とLPが全快するので、それを見越した戦闘も可能。
経験値はおそらく、モンスターを倒したキャラに100%、それ以外に50%程度振り分けられるものかと。
なので、ある程度モンスターを弱めた上でレベルの低いキャラに倒させるとバランスが取れる。
また途中にあるトラップ(祭壇やギミック)を壊すと、戦闘なしでパーティ全体に経験値が得られるのでちょっとお得。

MP(メシアポイント)について
一部のオーダースキルを除き、スキル発動時はMPの消費を伴う。
オーダースキル発動時にMPが不足している場合は、MP不足として行動できない。
リアクションスキルはMPが不足している場合は、そもそも発動しない。
行動開始時にMPの消費が確定しているオーダースキル分を差し引いた値がMPに表示される。
この時点でMPがマイナスだと、MP不足で行動できない場合がある。
 

MPの回復
バトル開始時は0からスタート。
MPを消費するスキルを使用しなければ徐々に増えていく。上限は99。
ボス戦までに70くらいはためておきたい。

 
 
以下のスキルは特に強力で、ゲーム性を壊しかねないので使いどころに注意かも(笑)

コロナ 「どらごにっく・ぶれす」
敵全体の結界を1枚破壊するスキル。
結界は破れるごとに強いものが出てくるので、最後の1枚で使うのがベスト。
MP消費が18とやや多いのが難点だが、それを補って余りある効果を得られる。

コロナ「龍魂解放」
敵単体の全結界をまとめて破壊するスキル。
ボスにも有効なので、どらごにっく・ぶれすよりもさらに強力。もちろんMP消費も35と破格。
雑魚モンスターを倒しつつMPをためておいて、ボス戦で一気にという流れが素敵。
面倒くさいレゾダやバルガの結界もこれで一撃。

恵理 「モチベーション・ダウン」
敵のオーダースキルを使用不可にする。リアクションスキルは発動するので注意。
ボスキャラは基本的に1体しかいないので、バトルの最初でこのスキルを使用すると一切の攻撃ができない。
そのため、ボスの強力なスキルを発動させることなくバトルを進めることができる。
使うなら先制時の一番最初に使用したい。

といった具合。
上記はオーダースキルのため、行動前に邪魔はされてもスキルの発動は止まらない。
これらの利点はプレイしていれば自ずと気付くようなものかもしれませんが。
 
あとは地味に強力なのが、竜一の結界中和とか久美の癒結界・碧とか。
刀子の全属性の耐性を下げるのとか、アナスタシアの全属性耐性を上げるのとかも使い勝手がいいかな。
でも前述の3つに比較するとアレだけどね。

 

最後。ネタバレってほどではないので平気かと思うけど、最終戦のことに触れておきましょうかね。
未クリアの人は読むか読まないかは任せます。
最終戦の手っ取り早い勝ち方について、です。

 

最終戦はコロナが離脱してしまうので、厄介な結界を破壊していかなければならない。
また、モチベーション・ダウンを使用しても強力なリアクションスキルが発動するため、なかなか一筋縄ではいかない。
さすがラスボスだね。
ただ、クリアにターン制限がないため、ひたすらMPをためればどうにかなる。

ラスボスも自動的にMPが回復するので、MP切れの行動不能はないと考えよう。
ラスボスのリアクションスキルは
 ・ダメージ込みのブラストスキル
 ・結界破壊時に全体攻撃
 ・LP減少時に減少分の枚数だけ結界を回復
と、無駄に戦闘が長引くスキルが目白押し。
オーダースキルも強力なため、どうしても苦戦することになる。

なので、MPをためて統果の「魔刃・刹断」で直接LPを削って倒すようにするのが手っ取り早い。
弓那のMP回復ソングを流しつつ、3ターンごとに久美のMP増加のフィールドスキルを使用すると、MPが30くらい溜まっているはず。
モチベーション・ダウンで動きを止めて、統果でLPを削って逃走。
MPをまた溜めて、攻撃して逃げるヒットアンドアウェイで行けます。

ちなみに、統果単体で突っ込ませてみたら完全回避はリアクションスキルのためブラストされて返り討ちにあいます。

えぇ、返り討ちにあいました。

 

なお、一部のバトルにバグがあるようで。
レゾダやバルガのバトルが強制終了することがある模様。
修正パッチで随時、対応されているみたいだけど全て対応済みかは微妙なので。
まぁ強制終了は勝利になることもあるみたいなので楽に倒せてラッキーと思えばいいんじゃないかな。

またリアクションスキルを自動セットしないようなパッチも出ているので、セットしっぱなしで
MPを浪費しがちな人は利用するのもいいんじゃないかと。

 

ということで、ざーっと書きました。
読み手がある程度システムを理解している前提で書いたので、本当に初心者の方はもう少しプレイしてから読み直してみそ。

1回クリアすればCGや回想は全て埋まるので、再プレイする気にはなれませんでした。
天空のユミナほどやり込み要素はなかったかなーと。

全体的なシナリオからすると、論説部を登場させる理由もなかった気がします。
っつか輝光翼がどんなものかとか、ユミナやってないと分からんし。
そういう意味では本作プレイ前にユミナはやっておいた方がいいかもしれません。
ユミナの方が面白くて拍子抜けするかもしれませんが。

結構スペックが高くって、必須スペックだと戦闘パートが厳しいかも。
推奨スペック以上でのプレイを推奨します。いじょ。
にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
↑ついでにおしていってくれると管理人が喜びます。

|

« 今年はひーひー言わせたる ~マジカルハロウィン3実践記~ | トップページ | 短時間勝負で行こう ~萌えスロ実践記~ »

エロゲ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年はひーひー言わせたる ~マジカルハロウィン3実践記~ | トップページ | 短時間勝負で行こう ~萌えスロ実践記~ »