« どうにか動いてます | トップページ | 買ってはみたが、開ける予定が未定 »

2011年4月27日 (水)

懐かしさが勝ったけど、結果オーライな11eyesR

なんだかんだで、アリだと思います。

11eyes-Resona Forma-の雑感をば。

発売日翌日の時点で通常売価の3割程度の中古買取価格に愕然としたものですが。
どんなものかと早めに開封して遊んでみました。

印象としては「良かった」という結果です。
ファンディスクってこういう感じだよね、っていう具合。

11eyesは個人的には駆とゆかのペアが固定、雪子と賢久がどっちつかずの関係。
それを美鈴先輩と菊理先輩が見守る、という構図であるべきと思ってます。
栞は、まぁちょっと遠い世界の人って感じで。

そういう意味で、ゆか・賢久・リゼットのシナリオがあればそれで事足りたと思う。
っていうか、駆に依存しきっているゆかを差し置いたシナリオなんて見ても楽しくないと思うんだ、残念ながら。
なので、他のキャラのシナリオについては見る予定はありません。
じゃぁなんで賢久のシナリオなんて見たのかって?
恵麻が気になったからに決まってるじゃないか。
だてに賢久シナリオ名乗ってないので、恵麻は引き立たせ役程度の扱いでしたが。

リゼットのシナリオについては、結構なボリュームでなかなか良かったです。
読みにくい文章ばかりなのがキズですが、その辺を差し置いても良く作りこんだと思える出来でしょう。
あとやっぱりリゼットが可愛すぎる。

ちこたむさんの絵はちっぱいに限る、と思ってましたが。
ゆかについてはアリだと思います。かなり。
体操着のシーンなんか特に良かったですね!こんちくしょう!
駆ぐっじょぶ。でもお前はやっぱり変態だ。
そんな余談。
 

それから購入特典の冊子。
コメントのぐだぐだ具合が本編のときに付いてきた冊子と同じで好印象。
欲望だだ漏れな気がしなくもないですけど頷けることも少なくなく。

特典テレカは描き下ろしではリゼットと栞が中心。
中古買取価格が猛スピードで下落していったので、1枚あたりのコストが上がること。
ソフマップのリーゼロッテ抱き枕カバー、諦めたもん。
欲しいときが買い時、とはよく言ったもので今ではあんまり欲しくなくなってしまいました。
もうちょっと待ったらひなた抱き枕カバー届くし。

 

LASSについては正直、奈々子3部作が終わった時点でもういいかな、と思ってました。
奈々子完結編であるFeast!!はコケましたからね。
11eyesもファンディスク作るぜーとか言っておきながらコンシューマ展開やアニメ化などが先行して、言ってることとやってることが違うじゃん、て思って見限ったつもりだったのですが。
冊子のあとがきを見た感じ、やんごとなき事情があったみたいですね。

なんだかんだで、それなりに熱を入れてテレカ集めとかをしてた作品なので結構楽しめました。
といいつつも、やっぱり全編見る気はないんですけど。
立ち絵のクオリティなんかも3年前の使いまわしだったと思いますが、違和感なかったですね。そもそも本編に目パチ口パクついてたっけ?

思うことは色々ありましたが、個人的な評価としては良作の部類かと。
3年の歳月が記憶を美化してる気がしなくもないのですが、リゼットとゆかがいてくれればそれでいい。
わざわざ粗探しをすることもないので、こういう結論におさめておきたいと思います。
にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
↑ついでにクリックしていただけると管理人が喜びます。

|

« どうにか動いてます | トップページ | 買ってはみたが、開ける予定が未定 »

エロゲ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうにか動いてます | トップページ | 買ってはみたが、開ける予定が未定 »