« 当選枠>応募者数=全プレ | トップページ | さすが曲芸だと思った »

2010年9月26日 (日)

マジハロはユメガクより重い ~マジカルハロウィン2実践記~

ボーナス的に。いや、ホントに。

9月22日
会社帰りにD店。週末のイベントの整理券をもらいに行くついでにマジハロ2に着席。
3KでスイカからBIGを引いて、BIG中に銅箱が1回。
んで最初のカボチャンス中にカボ揃いを2回引いてキンカボがスタンバイしている状態でBIGを引いた。
そしたらなぜか月歌が流れる始末。
月歌ってストック2つ以上だっけ。カボ揃い分を含めても、最初のBIG中に2つ以上ナビが取れた計算。
うん?特に高確中に引いたわけでもないはずなのだが、隠れたか。
結局、BIG2回とカボチャンス7連で終了して11.5Kのプラス。
週末の整理券をもらってほくほくで帰るのでした。

9月25日
徹夜明けでD店の札ナビ系イベントに朝から。
シープリかつばさTAKE OFFあたりを打とうかと思ってたんだけど、札的に微妙だったし
思った以上に良番だったのでマジハロ2に座ることにした。
3KでREGを引き、持ち玉で再度REGを引いて自力でカボチャンス1回。
REG+ARTなしで順当にモードを上げていければって思ってたのに、ちと失敗。

かと思ったらその持ち玉で引いたBIG中に銅箱が出てきた。
高確中に引いたわけでもないし、ART終了後のモードを考えると偶数が期待できるところ。
イベント内容的に1456の配置なはずなので、早い段階での箱は心強い。
カボチャンスは1回だったが、そのあと超高確からREGを引いて軽く連荘。
ボーナス間が短く、あまりモード推測できていないが、ART終了後のモードで超高確に行ったりもしてるので、この時点では偶数設定の線が強いと判断していた。

のだが、続くスイカBIGでカボチャンスせず。
REGを引いてモードCになっているのを分かりつつ、モードCになるとボーナスが引けなくなるジンクス。
そうだよな、休日に打つとそれに悩まされてたっけな。
結局、中ハマリを繰り返したあと超高確中に単カボを引き込んだものの焼け石に水。
隣の台がどうも5っぽい挙動を始めたので、自分の台に設定はないと判断。
14時くらいだったけどすでに35Kの投資で、設定1なら取り返すどころか負債が倍増するよなってことで撤退。
最初に出てきた銅箱に惑わされての敗戦。
2500GほどでB4R8と、振り分けにも困らせられた日なのでした。

でもまぁこの日は俺が打ちたかった台はどれも設定が入ってなかったみたいなので仕方ない。
マジハロ2についても、今日は入らないだろって位置に高設定だったしね。
そういう意味では順当な負けで納得できましたとさ。

 

ちょっとした余談を。奇数設定での高低の判断について軽く。
例えば設定1と5があるとして、それをどこで判断するかについて。
モード移行は奇数設定では共通なので、注目するのはナビ当選時の獲得個数。
ART中のボーナス中に引いたまじかるちゃんすである程度推測が可能です。
設定1と5ではナビ当選率は気が付くほど差はないけど、ナビ当選時の獲得個数が1個である確率が約2倍違います。
つまり確実に当選数が1個だった、という状況を見つけてそれが複数回確認できたら5の可能性が薄いと判断するといったところ。
あくまでART中ってことなのでそこをお忘れなく。
例えば
・自力ART中にボーナスを引き、銅箱1回で次のARTで終わった
・自力ART中にボーナスを引き、箱は出なかったが1回ナビがあった
・超高確ボーナスで得たストック消化中にボーナス+銅で都合3回のARTで終了
0個の場合を含む最低保障+1個の状況を見分けられればOK。
ART中のボーナス+金銅銅でストック7個とか、金箱で喜ばせておきながら設定1の誤爆が強いガッカリパターンです。
まぁここまで持って行くのが大変、ってのもあるけど5を狙うなら重要な判断要素になると思うんだ。

というのが俺の設定推測方法。
俺が行く店は1456とか156の配分が割りと多く、俺自身も偶数狙いはそんなに好きじゃないんで
上記のような感じで判断してますよ、というお話でした。
にほんブログ村 スロットブログへ

|

« 当選枠>応募者数=全プレ | トップページ | さすが曲芸だと思った »

パチスロ」カテゴリの記事

マジカルハロウィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当選枠>応募者数=全プレ | トップページ | さすが曲芸だと思った »