« PS2版 秘宝伝 レビュー | トップページ | しあわせ、補充。 »

2006年8月30日 (水)

ぶらばん レビュー

絵買いというよりは、声優買いの色が強かった作品。
最近は、みるさんが出てれば買いに走ることが多いしね……。

キャラクター
中ノ島妙
 主人公の幼馴染みでお隣さん。
 毎朝主人公を起こしに来るなど面倒見がよく、料理も上手い良妻賢母。
 部ではトロンボーンを担当。また副部長も務めている。
 声優さんが榊原ゆいさんなのだが、Giftの霧乃とやや被る。
海老原みなせ
 円山ブラスバンド部に入部したのだが、問題を起こしたため退部。
 代わりに赤城山ブラスバンド部に入部することになる後輩。
 エビと呼ばれることをかなり嫌がる。部ではトランペットを担当。
 明るい言動とは裏腹に、かなり重い過去を持つキャラ。
今宮紀子
 「委員長」の愛称で親しまれるクラスメート。本人は嫌がっているが。
 真面目一徹で堅物。部ではクラリネットを担当している。
 料理がかなり下手で本人も気にしている。
 ロマンチックな恋に憧れているとかどうとか。
雲雀丘由貴
 敵対する円山ブラスバンド部の部長。お金持ちのお嬢様。
 円山では指揮者を務め、前回のコンクールで銀賞を受賞している。
 何かと世話を焼いてくれるのだが、素直になれないようである。
 上目がちにこちらを見る表情がたまんない。
御影須美
 円山から赤城山に転部してくる後輩の女の子。
 円山の部員から幾度となくイジメを受けている。
 元々ダウナーな思考の持ち主なので、されるがままになっている。
 ティンパニーを担当し、その腕前は主人公と由貴も認めるほど。
 個人的に一番お気に入り。
新開地和音
 赤城山ブラスバンド部の顧問の女性。かなりいい加減な性格。
 なぜか学園の裏側に詳しいらしい。うわばみ。
伊丹杏子
 円山ブラスバンド部の部員で、須美の親友。ややレズっ気あり。
 ある事故がきっかけで途中から入院。
 攻略できないのが残念すぎる。

シナリオ
赤城山学園と円山学園の合併がもとで、両校に存在していた
ブラスバンド部も合併。かと思いきや、円山の顧問がそれを拒否。
5月の行う学園内コンクールで負けた方は退部と言う条件を突きつける。
円山ブラスバンド部はコンクールで銀賞を受賞した実力者揃い。
そんな相手に果敢にも勝負を挑むことになる。

プレイ期間は4月の上旬から5月の最初に行われるコンクールまで。
1日単位で話が進むので、ボリュームはある方かな。
ただコンクールの結果は由貴を除き、みんな一緒なのが残念。
だってエンディング付近のやりとりが既読スキップで飛ばせるもん。
キャラごとの違いはその後のエピソードだけで、結局は丸く収まる。


CG
担当はこぶいち氏とむりりん氏。ロリ系に強い方々である。
立ち絵、1枚絵とも良好。問題ございません。
妙の立ち絵にいくらかヤラセっぽい仕草が垣間見えますが
まぁ許容できる範囲でしょう。
デフォルメキャラも良い感じに出来てますので、見ていて
飽きないのは好印象。

Hシーン
各キャラ3回ずつ。シーンの長さ、エロさは適量と思われ。
後半にまとめられており、結ばれるのはコンクール直前。
名のある声優さんを起用しているので、演技力も○。
でもHに至るまでの展開が急すぎるかなぁ、とも思ったり。

システム
DVD-ROM1枚。プロテクトなし、ディスクレス起動も可能。
予約特典に各ブラスバンド部の演奏曲などを収録した
特製Discが配布された。
作中でプレイヤーの音感を試すミニゲームがあり新鮮。
ただ、このゲームの結果は物語に直接の影響を与えないので
ミスしても問題はない。
や、ここでしっかり答えられなければBADエンドってのも
ありだった思う。そこまで細かく作らなかっただけか。
正しい解答の選び方は自分の耳で確かめてください。
ヒントとしては、先にどこがおかしいかを指摘する選択肢を
覚えておき、正しいメロディと間違ったメロディの違うであろう
部分をあらかじめ知っておくとやりやすい。

ゲームを進めるにあたっての問題は特になし。
修正パッチが配布されているので適用のこと。
なお、適用前のセーブデータは使用できなくなったと思う。


俺の攻略順は
みなせ→由貴→須美→紀子→妙
の順番でした。
みなせのシナリオが重く、こんなシナリオを用意してるなんて、
って驚いたりしましたね。
ただのバンドな物語じゃなかったです。


シナリオをもう少し作りこんで欲しかった、というのが正直な所。
でも、それなりに楽しめたので、等身が小さいキャラを好む方には
お勧めできるんじゃないかと。

|

« PS2版 秘宝伝 レビュー | トップページ | しあわせ、補充。 »

エロゲ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PS2版 秘宝伝 レビュー | トップページ | しあわせ、補充。 »