« 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS »

2006年3月 7日 (火)

夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS

第六回。

「第八位、カレン・クラヴィウス。本日も順位の変動はない。以上だ」
昨日暴れて退場を食らった国王は、さすがに2日続けて暴れることは無かった。
そろそろ最終的な順位も絞られてきただろうか。
票の動きが落ち着いてきたと考えられる。

さて、この日はさやかの誕生日でもあったので、参加者控え室はその話題で持ちきりだった。
「もしかしたら、今日はお姉ちゃんに票が集まるかもね」
「そんな。この歳になったら誕生日なんてあまり良いものじゃないわよ」
麻衣とさやかが談笑の中心になっている。
「うぅ…人気投票が1ヶ月前だったら、私にも票が集まったのかな」
そう嘆くのは翠。彼女の誕生日は2月10日だから、1ヶ月前ならぎりぎり誕生日が重なる。
「まだ票が増えるって決まったわけじゃないし」
謙遜するさやかだが、2位票は増えそうな感じである。

「それにしても、順位が変わらないわね」
「うん、もうだいぶ差がついちゃったのかな」
2位のフィーナと3位の菜月。2日目以降は1~6位の変動がない。
もっとも、今のところ動きがあったのは1位と2位、7位と8位だけだが。
「申し訳ありません、私の力が及ばないばかりに」
フィーナに深々と頭を下げるカレン。
「カレンに責任はないわ。頭を上げて頂戴」
カレンの行為に苦笑するフィーナ。忠実すぎるのも考え物である。
「そういえばフィーナ、水着がどうのこうのって話はどうなったの?」
昨日の最後にフィーナはそんな話をしていたはずだ。
「残念ながら、父様から直々に禁止命令が出たわ」
フィーナは苦笑する。
「あ、あはは。そうなんだ…」
禁止命令が出ていなければ、本当に水着でアピールしたのだろうか。
菜月も苦笑するしかなかった。

「…フィーナ」
リースはフィーナのドレスのすそを引っ張った。
「どうしたの、リース?」
フィーナはしゃがんでリースの目線に合わせる。
リースはポケットから1枚の紙切れを取り出した。
「…極秘情報」
そういってリースは紙切れを渡すと、てててっと自席に戻った。
「何かしら?」
フィーナはその紙切れを広げてみる。
『明日からフィアッカ・マルグリッドが参戦予定である』
と書かれていた。
最初は意味を図りかねていたフィーナだが、すぐにその意味に気付く。
「そう、面白くなりそうね」
フィーナはその紙切れを折りたたむと、ドレスのポケットに入れた。
「どうかしましたか、フィーナ様?」
今のやり取りを端から見ていたカレン。
「いえ、明日からの人気投票が楽しみと思っただけよ」
「…そうですか」
カレンははぐらかされてしまう。
リース曰く、ではあるが極秘情報だ。あまり口にするものでもないのだろう。

丁度そのとき
「皆さん、お茶が入りました~」
ミアがお盆に人数分のティーカップを乗せて控え室に入ってきた。
良いタイミングでミアたちが入ってきたので、フィーナはこれに便乗する。
「カレン、お茶にしましょう」

そろそろ結果なんてどうでもよくなってきた頃ではないだろうか。
前からそうであるが、誰が1位だとか2位だとかを気にする人物は…
「せめて5位くらいには行きたいなぁ…」
一人だけいた。誰とは言うまい。


3月6日の結果は、さやかの票の動きに注目である。



第五回途中経過

1位…麻衣(→)
2位…フィーナ(→)
3位…菜月(→)
4位…リース(→)
5位…ミア(→)
6位…さやか(→)
7位…翠(→)
8位…カレン(→)




順位変動も落ち着いたようで、おそらくこのまま変わらないのでは?と思います。
中日でこれだとつまらないので、フィアッカを使いますが使い方を悩み中。

|

« 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS »

二次創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な 人気投票実況SS »