« 銀時計のがくとを応援します | トップページ | 瑠璃色人気投票は遠山翠に1票を! »

2006年2月20日 (月)

最終試験くじら-Departures- レビュー

ファンディスクなんで、深くは突っ込みません。簡単に。

最終試験くじらのファンディスク。クリスマス直前に発売されたこともあってか、
限定版パッケージがクリスマス仕様で馬鹿でかい。
買った時、店員さんが大きい紙袋を用意しだしたから何事かと思った。
当然のように渡された大物で困惑した。
内容物はソフトとしろたま。箱の7割がスペースだったことは秘密である。
ファンディスクなのに、価格は通常製品となんら変わらない。
しろたまにそれだけ金が掛かってるってことかしら?


CG
以前と変わりません。立ち絵は前作の使いまわし。
1枚絵の使いまわしがあるが、微妙に耳が生えていたり…。
胡桃の驚いた表情が、相変わらず不気味で好き。
おまけモードでCG枚数を確認できるが、実際埋めてみると
差分と1枚絵の分け方がちょっとずるい。
平たく言うと、1枚絵は少ない。青空だけでCGモード1枚使うのはどうよ?
あと、さっちゃんがやや華奢すぎるのが今回も気になった。


シナリオ
ファンディスクなので、何でもあり。
キャラが猫耳がついたり、さっちゃんとらぶらぶしたり。
漢のロマンは体操着らしい。俺は学園の制服の方が好み。
ゆんゆんシナリオに期待していたが、なんかイマイチだった。
くじのべる各シナリオ名がまだ仮名だったとき、「ゆんゆんパラダイス(仮)」という
名前で発表されていたので期待してたのに。
パズルゲームは考えなくても適当に積めば勝手に消えてくれる。
そんなに手の込んだことはしてない…と思ったり。


システム
DVD-ROM1枚、起動時ディスク認証あり。初回版にしろたまぬいぐるみを同梱(巨大)
メインシステムは前作を踏襲。これといって問題なし。
強いて言えば、ウインドウ透過を調節できると良かったかも。
Conservative版とかイベントやHPダウンロードで入手できたソフトも同梱。


キャラクターについての紹介などは割愛。一応、簡単に。
さっちゃんが好き。次にゆんゆんが好き。後は同列。


さっちゃんシナリオで面倒な選択肢があったんで、一応ヒントだけ載せておきます。

さっちゃんが見つからなくなったら、どこに行けばいいか?
1.とりあえず探せる所は探しましょう。あらすじが出てこないルートは未開拓。
  病院、くじらの見える丘、誰かに電話したり、水族館に行ったり。
2.一通り探し終えると、黒猫を見つけるシナリオが変化し、ストラップを発見します。
3.あとはさっちゃんに渡しに行けば良いんじゃないですか?

さっちゃんシナリオの一番最後は全ルート踏破で出てくるのかな?
CG最後の一枚は期待しちゃいけない罠。


さっちゃんが好きなら買っても良いんじゃないかと。
シナリオは今ひとつなので、絵で楽しめる人向け。
ゆんゆんシナリオは期待はずれも良いトコ。やってて鬱る。
Hシーンも軽めでした。
パズルゲームにやり込み要素を期待したけど、なんか中途半端でしたね。

しろたまぬいぐるみが不要ならコンパクトな通常版をお勧めします。
たぶんこれで、くじらシリーズも終了でしょう。

|

« 銀時計のがくとを応援します | トップページ | 瑠璃色人気投票は遠山翠に1票を! »

エロゲ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀時計のがくとを応援します | トップページ | 瑠璃色人気投票は遠山翠に1票を! »