« 十字架技術指南2回目 | トップページ | 十字架技術指南4 »

2005年10月14日 (金)

十字架技術指南3

十字架のボーナス放出のメインであるドラキュラミッションの紹介です。
一応シナリオ仕立てらしく、ドラキュラに捕われたセーラを救い出すのが目的。
ただ、城内にセーラが出歩いていることがあり、またセーラも捕われの身の割には元気そうだったりなんか釈然としない部分もあったりします。

そもそもドラキュラは何故、城を乗っ取ったかが不明。また城内にセーラ、エミリ、マギを残した理由も謎です。
そうか、セーラを襲うつもりだったんだな。許さん!


ドラキュラミッションは以降はDMと表記します。
DM=ドラキュラバトルではありません。バトルのときはバトルと明記します。
便宜上、通常A・Bを低モード、エミリ・ニーナ・セーラを高モードとして話を進めます。
DM中は子役ナビがないため、チェリーとスイカをとりこぼす可能性があります。
十字架成立と見分けるために、必ず子役は回収しましょう。

チャンス目
まずは、チャンス目の存在からお話します。
一番分かりやすいのはチェリー付き赤7を枠内に狙い、枠下に赤7が落ちてスイカ否定の時です。
ここはスイカを100%引き込む位置です。
チェリー付き十字架はスイカを引き込まない場合があるので、赤7の方が確実。
チャンス目とは、言い換えると十字架の取りこぼし時に出現する特殊制御の出目です。
いくつかの代表的なチャンス目を上げておきましょう。

ス ハ ハ
ベ ズ ズ
リ レ レ
赤7枠内狙い時

ス ス △
△  △
△ ス ス

回 回 7
転 転 ベ
中 中 ス
ハズレ対応演出時(7は十字架でもOK)

※ス・スイカ ベ・ベル リ・リプレイ 十・十字架
右リール上段に7か十字架が停止したら子役以上が確定です。
取りこぼしの無い位置でハズレならチャンス目です。

発動契機
十字架を揃えることにより、DMに突入します。
(十字架を揃えなくても、成立後は5Gで強制突入)
DMはボーナス放出抽選の他に、滞在モードの判別を主な役割としています。
通常A・Bとニーナでは約1/170、エミリ・セーラでは約1/20で抽選されます。

ボーナス放出の仕組み
現在滞在するモードを参照して、残りRTを再セットするかどうか抽選します。
再セット当選時はRTが11~14Gに振分けられボーナスが放出されます。
滞在しているモードごとに、再セット確率が違い、エミリ・セーラモード中は破格の数値で再セットされます。
残りRTが14G以下の場合、RT再セットは行いません。(モード移行抽選は行います)
モードについては技術指南2を参照してください。

DMの流れ
ボーナス放出の可否に関わらず、ドラキュラとバトルを行うか、が最初に抽選されるらしいです。
その後に、ボーナスを放出するかどうかの抽選。
DM中は毎G演出を選択しており、モードに応じて参照パターンが決定してます。
細かいパターンは省きますが、豪華な扉やベランダが出現したら期待して良いでしょう。
演出自体はモードを示すものであり、ボーナス放出に直接関係はないので注意!
十字架成立時にモード移行も行っていますが、十字架が成立した時なのかDM発動時なのかは不明です。


DM中の演出

通路
右に曲がるパターンと左に曲がるパターンがあります。
一番多く出現するのがこれ。また低モード滞在時はこの演出しか出ないこともよくあります。
曲がる前に人影が出現した場合、キャラorドラキュラと遭遇です。
ドラキュラと遭遇すればバトル突入。キャラと遭遇した場合は魔法玉を受け取ることがあります。(後述)
ドラキュラと遭遇する際の影がドラキュラ型だった場合、エミリ・セーラモードの期待が持てます。
(エミリ・セーラ時は50%でドラキュラ型。それ以外は20%)
通路を右に曲がって加速したら、ドラキュラとのバトルが確定したと思います、

階段
階段を上る、または振り向いた先に扉があったりキャラがいたりします。
階段を上ると絨毯が変化する時があります。
エミリ、セーラ、通常Bに滞在中は絨毯が赤くなる確率がやや上がります。
こちらも人影が出現した場合、キャラorドラキュラと遭遇です。
階段を上った先に人影が見える場合と、階段を上る前に人影が見えるパターンがあります。
階段を上る前の影は通路と同様にドラキュラ型の影が出ることがあります。
階段を上って加速したら、ドラキュラとのバトルが確定します。


扉の色でモード判別が可能です。
木目<青<黄金<真紅
高モードほど右側の色が出現しやすくなります。
真紅の扉は低モードを否定する激アツ演出。エミリ・ニーナ・セーラのいずれかに滞在していることが確定します。
逆に低モードに滞在しているときは、木目や青がほとんどです。
ニーナモード中は真紅の扉が8割近い確率で選択され、黄金の扉は出現しません。
真紅の扉ばかりでボーナスが出なかったときはニーナモードの可能性が期待できます。
扉を開けると、通路、キャラ遭遇、ドラキュラ遭遇のパターンになります。

ベランダ
演出の中で高モードがもっとも期待できる演出です。
エミリ・セーラモード滞在時は選択されやすくなります。
また、セーラモード中は背景が特に昼になりやすいです。
ベランダ表示のみ、右を向く、右を向いた後再度正面を向くの3パターン。
再度正面を向けばキャラ出現です。
ここからボーナス放出も存在します。
ニーナモード滞在時はベランダ演出が出ないかも???

出現するキャラクター
低モード滞在時はマギ、ニーナ、コウモリが主に出現します。
高モード滞在時はエミリの出現率が上がり、セーラが出現すればセーラモード滞在が確定します(確定告知除く)。
キャラクターではなく宝箱が出現する場合もあります。その場合、必ず魔法玉を入手できます。
宝箱は高モード時の方が出やすいかもしれません。

魔法玉
キャラクターと遭遇した場合、または宝箱を見つけた場合に魔法玉を渡されることがあります。
白、紫は割と頻繁に出るのであまり期待できるものではありませんが、虹色を渡されたらアツイです。
エミリ・セーラモード滞在時は虹色を渡される確率がぐんと上がります。
魔法玉を渡さずにキャラが去ってしまえば何も分かりません(笑)

エミリ・セーラの日記
扉をくぐるとエミリ・セーラが机で日記を書いていることがあります。
エミリの場合は魔法玉、ダイヤ、ボーナス、何もなしのパターンがあります。
魔法玉は先に明記した条件で色が決定されます。
ダイヤが出現した場合、ドラキュラとのバトルが確定します。
セーラが日記を書いていれば、ボーナス確定です。この場合セーラモード確定ではなかったと思います。

ドラキュラバトル
DM中にドラキュラと遭遇すればバトルが始まります。
ドラキュラを見事倒せればボーナス確定。
負けてもセーラのカットイン「お願い」が入れば逆転勝利。
攻撃にはパターンがあり、法則が崩れれば期待度が上がります。
攻撃は基本的に短剣、鉄球、十字架の順。ドラキュラはコウモリ、爪、噛み付きの順で攻撃してきます。
1G目に鉄球を選択すると期待度が上がります。
鉄球ほどではないですが、ドラキュラ攻撃を防いでも期待度アップ。
その他は同じくらいでしょうか。
以下は勝利が確定するパターンです。
・同一武器で3回連続攻撃。
・1G目に十字架。
・短剣・短剣・十字架の順番で攻撃
・鉄球の後に短剣で攻撃
・1G目で敗北(必ず復活)
また、状況に応じて確定する場合も。
・1、2G目で攻撃がヒットし、3G目が十字架で攻撃
・鉄球が2度当たって3G目に突入
ドラキュラを倒したゲームでRTが0になるので、そのゲームで揃えることが可能です。
ドラキュラに負けた=DMによるRT再セットが失敗ということです。
再セットRTの最長は14Gですが、12Gでドラキュラに負けた場合、そのDMでの放出はありません。
ドラキュラを倒したゲーム(残りRTが0の時)に成立したベルがモード移行抽選の対象になるかは不明です。


ドラキュラバトルに突入しなかった場合
ボーナス放出が確定していても、バトル以外でボーナス告知されることがあります。
バトルに突入しない場合、城を抜けますが抜けてから4Gまではアツいです。
DMのRT再セットは11~14G。城を抜けるのは10G目なので、城を出た直後にボーナスを放出することがあります。
10G目でバトルか城を出るので、10G以上城内にいたらボーナス確定です。
ドラキュラバトル以外の城内での確定演出は以下。
・キャラが魔法玉と同様にボーナスの文字を渡してくる。
・ドラキュラと遭遇するが無視する
・扉に入ったら神殿
・ベランダで月を見上げる
・ベランダで脇の扉に入る(賞金首のジョニーと対決)
キャラがボーナスを渡すタイミングは、城内で遭遇する時と、城から出るときの2種類あります。
この時セーラが選択されることがありますが、この場合セーラモード確定はありません
(この時はキャラがマギ・ニーナ・エミリ・セーラから均等に選ばれる)
ドラキュラに勝利する以外のボーナス告知はプレミアの宝庫です。

その他補足
セーラモード滞在時、DMによる再セットに外れた場合、必ずドラキュラに負けます。
逆に言うと、セーラ滞在時に城を抜けたらボーナス確定です。
ドラキュラに負けた後、昼背景からスタートする場合があります。
エミリ・セーラ滞在時は50%で昼背景からスタートするので、期待して良いでしょう。

ドラキュラミッションはボーナス放出のメインなだけに奥が深いです。
質問などはコメントからどうぞ。

|

« 十字架技術指南2回目 | トップページ | 十字架技術指南4 »

パチスロ」カテゴリの記事

十字架技術指南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十字架技術指南2回目 | トップページ | 十字架技術指南4 »